Top > 教育施設

多様なイノベーション創出行動を誘引する教育研究施設

総合教育研究棟(工学系)

アクティブラーニングなど教育の“質保証”を伴った新しい教育方法を実践する拠点として2015年4月に竣工。安全で高効率な教育に加え、高度で多様な教育が可能な環境のもと、問題解決に十分な対応力を有した人材を養成する革新的なスペースを有しています。

エントランス

エントランスから広がる1階から3階まで吹き抜けの開放的なロッジアや中庭・テラスなどコミュニケーションスペースを設け、教職員・学生の多様で躍動的な活動の場となっています。ロッジアには55インチ液晶パネル12台のマルチメディアスクリーンを設置し、教育研究成果等の様々な映像や画像がリアルタイムで見ることができます。

クリエーションスペース

部屋の4面に設置された6台のプロジェクターと自由自在に移動できる机付きのミーティングチェアにより、少人数から多人数まで自在にスペースを区切ることができ、研究室のミーティングや成果発表などアクティブラーニングに有効な空間として活用しています。

プロジェクト企画スペース

ホワイトボードと形の異なる机を組み合わせ、仲間とのアイデアの発散や成果のまとめなどチームでの問題発見・解決など互いに刺激し合うアクティブラーニングに有効な空間となっている。
共同研究先との打合せや会社説明会の企業ブース設置など様々な用途にも活用しています。

イノベーションリサーチ室

プロジェクター3台併設し、複数のプロジェクターを同時に活用するアクティブラーニングスペースとして、小から中程度の人数の授業や発表会など学習や意見交換の場として活用しています。

多目的ホール

228人収容できる電動式椅子は様々な形態の移動ができ、講演や授業のほか講堂としても使用しています。